201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911

紫陽花

と紫陽花をモノクロで撮ってみたくなった。
よりによって、あじさい寺やあじさい園に咲いている立派なヤツではなくて、ひっそりと、しっとりと咲いている紫陽花をしっぽりと撮りたいとピーカンの続く梅雨後半になって思ってしまったものだから…

初めての紫陽花撮影は西陽ギラギラの中で

hydrangea_001.jpg


スポンサーサイト



やっと完成

fb_20130528080146.jpg


2012年度東京観光写真倶楽部撮影会のまとめ。
バライタでプリントしてみた


cherry_001.jpg


今年も惨敗の桜…一応プリントしてみた。
普段あまりトリミングしない“質”なのだけれど、あまりの残念さに今回は特別(なんだそりゃ?!)ってことで
こんな風に撮りたかったの!ってところまでトリミングしてみた。それでもやっぱり殆どの写真に残念感が残った(難)中で唯一ぉお?!ちょっと桜が楽しそうじゃない?という1枚をプリントする事が出来た(喜)
来年はもっと楽しそうな桜撮るぞ〜
あれ?ということは、もうちょっと集点距離の長いモノ(レンズ)がいいってことになるのかな???

懺悔:コンタクトシートをよ〜く見るとムラが…現像方法変えてから百戦錬磨だったのにぃ特に思い当たる節がないところが厄介…

三分咲き

sakura

今年唯一撮った1本。
やっぱり桜は難しい…
今年はプロクサーレンズをつけて〜とイメトレではけっこう上手くいきそうだったんだけどなぁ…
次回のお楽しみ

夏休み自由研究 #03

さて、どうやって紙を作るのか?

どうやら牛乳パックを使って作れるらしいのでググってみた。
あるあるっ!めちゃ夏休みの自由研究らしい感じ

ミキサーが必要らしい
うちにはミキサーないし、どうしようか…
このために買うっていうのもなぁと思いつつ、またググってみた(爆)

発見っ!ニトリで¥1,990-

安けど今後の使い道的にどうなの?!って気もする…
でもぉ〜ミルもついてこの値段だよ!
少し前、コーヒーミルが欲しいかもと思っていたら、翌週ぐらいにコーヒー豆を頂いて(声デカ過ぎ)本気で買わなきゃって思っていたところなのだ 本当は手回しのモノが欲しかったんだけど、
この際、ミル買うつもりでってことでGOサイン出しちゃった


IMG_3250.jpg

夏休み自由研究 #02

どんなモノにプリントしたいかなぁ〜
やっぱり木にプリントしてみたいな〜
桜の木に桜の写真をプリントなんて素敵じゃない?!と思って桜のネガを物色したけれどイマイチ(沈)そうだった…桜撮るの苦手なんだった(爆)もう少し満足のいく写真が撮れたらにしよう。それに、いきなり高価で入手困難な桜の木にしなくてもいいよな(笑)

じゃ、テスト的にってことで乳半アクリルにしよっかな?
木っ端なら安易に入手出来るしと思ったんだけど、仕事柄あまり面白みがないことに気づいちゃった

石は?!
いろいろな形があって面白そうだけど何かわかんないけどがちがう気がするんだよなぁ

やっぱり紙じゃない?!
印画紙に比べてテクスチャーが変化するだけで石に比べるとちょっと面白みに欠ける気がするよなぁ…



紙から作っちゃえばいいんじゃない?
自由な形にできるし、一枚づつ違う表情のものが出来上がるではないかっ

俄然

夏休み自由研究 #01

20120815003326-1.jpg

今年の?!夏休み自由研究はコレ
カメラ・ライフ Vol.12(HB特集号)に載ってたやつ。

築地撮影会

初めての築地。
忙しない早朝、市場はアウェー感120%
とても写真なんか撮れる雰囲気ではなかった
勝手が解らず、目は泳ぐし、腰は引けてるし、まるで異国にいるようだった。とにかくターレーに轢かれない様に、迷惑をかけない様にすることで精一杯

それでもなんとかブローニー2本撮りきった。
(お腹で2回もシャッターを切ってしまったのも含めて

市場内は暗めだからフィルムの選択が難しいという情報を直前に入手した。ブローニーはTX400しか使った事がない。本番にいきなり他のフィルムで撮って上手く撮れるとは思えないのでいつものフィルムでいこうと決めていた。にもかかわらず、用事を頼まれ閉店間際のビックカメラへ行った際、ILFORD DELTA3200を1本手にしてレジへ小走りしてしまった(爆) 買っちゃったんだから使ってみようということで失敗覚悟で2本目はDELTA3200を充填。「現像でなんとかする」となんの根拠も無く…あまり考えずいつもと同じ様に撮ってみた。

ムラ~。

しばらくぶりの投稿
もう3ヶ月以上書いてないのね

いろいろ書きたい事はあったのに…
時間が経つとともに忘れちゃった

で、久々にまとまった時間が出来たのでプリント大会~

檜原村撮影会分のコンタクトプリント↓

コンタクト001


ちゃんと露出計を持って1枚ずつ測定したのにムラムラ~
そう簡単にズラッと適正露出のコマが並ばないか

露出計ともカメラとも早くbuddyになりたい

光とテクスチャー

ut_001.jpg

R4M/ULTRON 35mm f1.7 +400TX printed
ILFORD MG4FB1K GLOSSY/Filter 2_1/2 F8




4月9日撮影 @東大
5月7日プリント

やんわりとした光、タイルの色味やテクスチャーを撮ったつもり。

雨の中の撮影会

先週土曜日は湯島を撮ってきた
残念ながらお天気は雨

初めて傘をさしながらの観光となった。
二眼レフで撮ろうと楽しみにしていたのだけれど慣れているR4Mに変更。

手や鞄やカメラストラップや傘の柄がこんがらかるし(爆)
傘がフレームインしない様に、でもカメラに雨がかからない様に注意しながら…と
傘を持ってカメラを構えるというのはけっこう大変だ

それでもレンズに水滴が…
レンジファインダーカメラはレンズに水滴ついても、曇ってもファインダー越しには解らないから気をつけなきゃいけないってことに気づくの遅かった…(沈)


そんな中、前半はどんどんシャッター切れたので2本撮れそうかと思っていたけれど24枚過ぎたあたりから途端に減速して最終的にやっとのことで1本撮り終えた。歩いた場所がちょっと悪かったのもあるけれど、もしかすると集中力の問題も少しあるのかな?とふと思った。24枚くらいで丁度1時間を過ぎたくらいだったと思う。しばらくむやみに歩くばかりだったけれど終盤ちょっと復活していた。 休憩が必要なのか?!
次回はもう少しエリアの下調べをして大凡のコースを決めていこうかなと思ったけれどあまり性に合わないかな そうだな、撮影とはあまり関係のない観光スポットを1つ決めていくことにしよう。例えば、美味しい◯◯が売っているお店とか 
シャッター切れないなぁ~、場所悪いなぁ~と思ったらとにかくそのスポットへ向かうことにしてみよう



四角い写真

sq.jpg
YashicaFlex+400T-MAX


G氏の予言通り四角い写真が撮りたくなった
思っていたより早め(爆)

しかもカメラ既にある

フィルムスキャンでもかなり楽しいんだけれど…やっぱり紙に焼きたいなぁ~。
6x6のネガキャリアが欲しいよぅ

仕分け

prints.jpg
破棄山の一部


1日中写真とネガの整理をした
ネガってな~んか散らかっていくよね
ファイリングしてあった筈なのに…あっちの箱の中、こっちの引き出しの中…。
メモ書きがどっかいっちゃってたりして…古くてどうしても情報が見つからないものは諦めて年号別にファイリングする事にした。今年のネガだけでもちゃんとしておこうと思いスケジュール帳、ブログ、Twitterの情報を元に何とかまとめきった
プリントは意外と散らかってはなく、箱に収まっているのだが…ただの山積みって表現の方が正しいかも(爆)
プリントの山を数枚を捲ったところ、どうやら捨ててもよさそうなモノがありそうだったので破棄するモノと残すモノに仕分けてみた。結果ほとんどゴミ箱行き(爆)
何でこんなのとってあるのだろう?と思うものや、何枚か設定を変えてプリントしたであろう、そしてどれが良いのか解らなくなってそのまま残したのであろう的なモノの多い事 はっきり言ってどっちもいらないよ!だったり、何をこだわっていたんだ?だったり、コレに満足してたんだ~!だったり、もうちょっとこう焼けばいいじゃん!という評価が出来る様になってる?! もしかしてコレって判断基準上がっているのか?! それって良い事じゃない?! 
多少好みや気にするところが変わってきているのを発見できた事も面白かった でもねぇ~残念ながら写真そのもの、“撮る”という観念からみると全然成長していない様な気がする…


っとも~っと撮ってもっと~っとプリントしよう

2011/01/08 : 浅草/BESSA R4M+COLOR-SKOPAR 35mmF2.5C

撮影会で撮ったフィルムを現像。

[現像] T-MAX 1:8
    Fresh現像液
    33℃で12分(1分撹拌後5秒撹拌/30秒)
[停止]  「臭わない停止液」33℃で60秒撹拌
[定着] コダフィックス(1:3)
    33℃で6分(1 分撹拌後5秒撹拌/60秒)
[予備水洗] 流水で30秒
[水洗促進液] 60秒浴
[水洗] 流水で8分
[水切液] 30 秒浴


まだスキャンしていないのではっきりとはわからないけれど、少しは思った通りに撮れている様な気がする。
以前部長に「標準レンズでゆっくりと確かめるように」とアドバイス頂いてからも、なかなかペースを掴めずにいたのだけれど、前回の深大寺撮影会で少しキャッチして今回はもうちょっとキャッチできた様な気がする。時間や空気感が少しは出ているとよいのだけれど…それは贅沢か…(笑)早く帰ったらスキャンしよう。

2010 to 2011


年越し現像大会~っ!のつもりだったけれど大掃除でぐったり…。
本棚の肥にしていた一冊を読むことにしよう。

小さな光

shibaura_057.jpg

光を見つけることが出来ると嬉しい。
光を写すことが出来るともうちょっと嬉しい。
光を表現出来たらもっと嬉しいだろうな。

新しい課題

先週の日曜日、お散歩カメラ@八王子へ。
高尾駅を下車して西八王子方面へ銀杏並木を歩いた。
黄色になる前の銀杏並木を撮りたかったのだ。
思っていた様なフォトジェニック感はなくてがっくし

銀杏祭りに再チャレしようか?!

銀杏並木からはずれて南浅川沿いをしばらく歩いた。
雲間から太陽が出だし、少しばかり光を捉えることが出来た様な?!
現像が楽しみだ


夕方、吉祥寺へ移動。
かなり彷徨い歩いた(笑)
どこへ行っても人の多さに圧倒されてなかなかシャッター切れず…
夕方という時間帯を撮ることに慣れていないせいもあるかな。

新しい課題:夕方を撮る
ヒトに慣れることはしないんかいの?とセルフツッコミ(笑)ヒトに慣れるというよりは場所に慣れるのが先かな?その証拠に渋谷、青山、新宿辺もヒト多いけど大丈…夫?!

課題その2:ポジションをつくれ

課題その3:ペース、リズムを守れ

あれ~課題が見えたことはいいことだけれど、書きたかったこととはまったく違う方向に向かってるなぁ~(笑) ま、いいか、ただの覚え書きメモしようと思っていただけだったし

この課題…課題として敵しているんだろうか? 今更だけど、街でスナップ写真を撮る方々はどんなスタンスで撮ってらっしゃるんだろう?と気になってきた。


で、まぁ、結局吉祥寺では数枚しか取れず…。
夕焼けが奇麗だったので、より良く撮れる場所へと夕焼けを追いかけて歩いて行ったのだけれど間に合わず、ずど~んと闇が来たので終了…。

お目当ての本を手に入れ意気揚々ヨドバシカメラへ行き、バライタ紙の水洗時間短縮のためにQWとトレーとポリタンクを購入。ピンセットの根元のプラ部分が割れてグラグラして摘み辛かったのをダマしダマし使っていたので、気分が大きく?!なっていたところでピンセットも買っちゃった(爆)デクトールも買いたかったのに売切れだった発売中止じゃないよね?と思いつつふらふらと歩いていると、店員さんにそのことを丁度聞いているお兄さんがいたので耳ダンボどうやら来週入荷予定らしい。


課題その4:夜景を撮ってみる
(ハードル上げ過ぎてない?!大丈夫?!)

「AFTERNOON 午後」田村彰英写真展

行ってみたかったけれどなかなか行けずにいたgallery bauhausで開催中の気になっていた「AFTERNOON 午後」田村彰英写真展を見てきた。

すごくキレイだった。
あ~ボキャ貧でやんなっちゃう…
でも、ほんとうにキレイなんですもんっ


ドキュンとかズキュンとか衝撃を受けた訳でなく、かといって鳥肌モンという訳でもないのだけれど、穏やかにじんわりと、でも確実にジト~っと染められる感じ?!
上手く表現できないけど写真だなって感じた。
「そうだよね」とやけに納得…。(何になんだ?!)

パキッとスキッとクリアな感じではないのに、ぼんやりしないでクッキリ?しているというのか、カラーを感じるというのか…レンズなのか、印画紙なのか、フィルムなのか…すべてなんだろうけど…そう、すべてが合致していて…まるで四方から同じ力がギュ~っと加わって空中に浮いてる…もう何言ってるんだか支離滅裂

大きな銀塩印画紙のプリント2枚は見応えあった
人間の暖かみをとても感じる写真だった。
ところでどうやってあんな大きなプリントを仕上げるのだろうか?やはりすべて人力なのだろうか?



迷った挙句(今月のお財布事情的に)見応えのある写真の大きさに惚れて写真集を購入。きっと何度も見返す





帰り道、頭の中では最近のキーワード でた!バライタ紙~のヘビーローテーション

できたらいいな

back_01.jpg

iPhoneで撮って“Spica-Super Monochrome”Appで加工したもの。
この1枚、気に入っている
ちなみにオリジナルはこんな感じ→click!!

この場所でフィルムカメラでも撮った…と思う…撮っていて欲しい…。
こんな仕上がりにプリントできたらうれしいなぁ~

さっさとフィルム現像すれば?!
だね…

モヤモヤプリントまとめ

再度
A フィルター3 F11で30秒
C フィルター2 F11で40秒
をプリントしてみた。
薬液は前回のものをそのまま使用。
 ラップの落とし蓋+アクリル板で蓋+黒布。

モヤモヤを通り越して薄らはかない感じ
やっぱり薬液なのか~

似た様なことを以前にもやっている。あの時は明るい場所そのまま放置だったからだと思っていたけれど、やっぱり黒布だけではダメだということか…。2日目からはちゃんとボトルに入れて保管しよう

モヤモヤプリントの続きの続き

前日の続き

薬液前日のままで
A フィルター3 F11で30秒
C フィルター2 F11で40秒
をサテン地でプリントした結果、初日とまったく変わりない仕上がりになった。
ということは?

薬液でもないということに…

好みとしてはAだ。でもCも捨てがたい。逆光なので冬の陽を柔らかく表現したいならCの方がいいかもしれない。一番最初に焼いたプリントをAとCと比べるとAになりきれなかったCというところだろうか?とするとただ単に露光時間が少なかったということになる…ね… でも、黒は黒でちゃんと出てるしなぁ…、あまり納得いかない… 明日もう一度同じ薬液でプリントしてみよう 

ひとり部活動

この週末は式根島・新島・利島での撮影会があったのだが、残念ながら仕事の予定が入っていたので不参加。1週間前に仕事がキャンセルに…なんともウレカナシイ状況ち~っ行きたかったなぁ~と思っていても仕方がないので連休を満喫しようじゃないかっってことで一人部活

前回のモヤモヤプリントの続きを昨晩試してみた。

1.前回同様にフィルター3で現像。
2.フィルターを2に替えてサテン地で現像。
3.フィルター2で光沢地で現像。

サテンF11 50sec.と光沢F11 50sec.の差は歴然
光沢がある方がクッキリしている。

サテン地で、
A フィルター3 F11で30秒
B フィルター3 F11で45秒
C フィルター2 F11で40秒
D フィルター2 F11で50秒
E 前回のフィルター3(記録なし)
見比べてみると微妙だ…
前回のモヤモヤもモヤモヤに見えなくなってきた…
なんだかなぁ…

BとDは濃い。でもDはアリだ。
Eに近いのがAとC。光沢F11 50sec.をこのグループに入れてもいい。
やっぱりフィルターは3の方が好きかなぁ。
このほんのわずかなモヤット感は今回出ていない様な気もする。



とすると、薬液?!
やっぱり放置してあるとダメ???
ラップの落とし蓋して、アクリル板で蓋をして黒布かぶせてあるんだけどダメ?
カーテンは明けてあるんだけどダメ?

薬液そのままにしてあるので、今夜同じ条件で焼いてみよう。





明日は最近デジイチを買ったという友人を誘ってミニ撮影会



マイケル・ケンナ写真展

土曜日「マイケル・ケンナ写真展」へ。

ふぁ~
とにかく感嘆のため息…粋…息…言葉になりません。
なんでしょう、被写体、色味、フォーマット、雰囲気、世界観、すべてがキチッと整っている。計算され尽くされている、それでいて潔く心地良い。

柔らかな白と黒の世界、好きな色合いだ。
どんな風にプリントしているのかな~
モンサンミシェルや日本の写真もプリント直で観てみたい

Q:「部屋の壁に1枚掛けるならどれがいい?」
  ギャラリーへ行くと必ず自問自答する。けっこう真剣になる(笑)
 
A:ローアングルで一番手前にピントが合っている雨上がり?の道路。
  車?の灯りの水玉が印象的。

ケンナ展ですっかりお腹いっぱいになったので他の写真展を観ても入っていかない気がしたのだが、やっぱり欲張りな性格が疼きレモン社(写真展じゃないけど)→RING CUBE→ライカ銀座店サロン→銀座ニコンサロンと廻った。
前のギャラリーでお見かけした方々を次の会場でもお見かけしたりする。
スタンプラリーだっけ?と思う(笑)

やっぱりお腹いっぱいで入らなかった…
休憩入れればよかったかな?! 
気の向くままに、思いつきで動く質でありながら、当日現地で探すのを面倒がるので(厄介だよなぁ~)今度からカフェとかバーも事前にある程度チェックしておこう

モヤモヤプリント

print_005.jpg

R4M/35mm+400TX printed
ILFORD MGIV SATIN/Filter3 F11




print_006.jpg


R4M/35mm+400TX printed
ILFORD MGIV SATIN/Filter3 F11




日高昆布のプリント結果。
乾燥して多少落ち着いた感じはあるけれどやっぱりモヤモヤだ
写真が悪いとかピントが合っていないとかいう問題を除いても(除いちゃダメ?)
プリント自体がスッキリしない。

薬液か?!
1日置いただけだし、しっかり密封してあったしなぁ~。
部屋暗くしておいたつもりだったけれど明かり漏れてたかなぁ~?!

あっもしかして日高昆布のときはフィルター3じゃキツい?
2でやってみよう(気づくの遅くない?!)

となりの畑

print_003.jpg

R4M/35mm+400TX printed
ILFORD MGIV SATIN/Filter3 F11




print_004.jpg

R4M/35mm+400TX printed
ILFORD MGIV SATIN/Filter3 F11


モノクロプリント

前回の続き。

Gallery Cosmosで女性8人によるモノクロ写真展を観た。

8人それぞれの撮りたいモノがとてもハッキリとしていた。その意欲というか、目というか、観察力というか、ブレなさみたいなものがしっかり写し出されていた様に思う。1枚1枚とても丁寧に撮られているし、とにかくプリントがとても奇麗だった。

やっぱり外へ出る(=写真展を観る)と刺激になるなぁ


こんな風に撮ってプリントできるようになれたらなぁ
1枚でいいから壁にかけておきたくなる様なプリントをつくりたいなぁ

モノログ生活

4年に1度のお祭りが終わった。
そろそろ“モノログ生活”にもどろう
この1ヶ月間、いろいろと(写真とかカメラのこと)思うことはあったのだ…。
さて何から書こうかと考えるのだがまとまらない
「考えているくらいならプリントすれば?」
だよな…でもかたづけないと…
かたづけるのぉ~?
となる。

子供の頃からそうだったけれど、何か始めようと思うとかたづけからになる(爆)
普段かたづけないのが悪いのはそうだけれど、それだけでもない。
たとえば、明日テストだとする。
何はともかく勉強するのが第一優先事項でなくてはと思いつつ、な・ぜ・か・部屋のかたづけから始まる(笑)
完璧な環境だとは言わないが、かたづけなくても勉強できるぐらいではあるにもかかわらず、だ。
ご丁寧に掃除までしちゃう(笑)
要は勉強したくないわけ。現実逃避ってヤツだ

となると、プリントしたくないわけなのか?
それともかたづけたくないわけなのか?
はたまた儀式的要素なんだろうか?

まぁどれでもいい
やりたいときにやればいいさ。
そうかな?!

義務感的要素が入ると視野狭くなっておもしろいモノつくれないのは確かだ。

少々広角過ぎる

野山北・六道山公園撮影会の写真がUPされた。
どうやら、やっぱり被写体に合せてレンズは選選んだ方がよさそうだ…
「標準レンズでゆっくりと確かめるように」撮るようにと部長からアドバイスを頂いた
標準レンズというと50mmってことかな?! 35mmじゃダメかな?! 「少しばかり」とあるし?!
VMマウントの50mmって持ってないんだよなぁ…
次回植物系の写真を撮る時は、重いけれどNikon F+50mmにしてみよう…。
う~やっぱりR4M用欲しいかも…28mmが欲しかったけれど先に50mmかなぁ…。
贅沢?!贅沢だよねぇ… じゃ、偶然によい中古品にめぐり逢えたらね、たら考える

「かたく」なったのは何だろう?苦手意識が出ていた?それともやっぱり粗粒子現像したから?
それでいくと、「ゆっくり確かめるように」ということは今回は「ゆっくり確かめてない」のが写真に出ているっていうことだよねぇ…あの日を思い返してみると、確かにちょっと焦っているというか、こなしているというか、なんだろう、被写体への「」が少なかったように思う。(ものすごいカミングアウト桜が嫌い?そんなことはないっでも他の人の写真を見て比べるとスゴくそう感じた。
それとも、撮っている時に既に結果が見えていてつまらなかったのが写真に出ていた?!

考え過ぎ、悩み過ぎは負の方向へスパイラルしていくから、とにかく次回は「標準レンズでゆっくりと確かめるように」撮るだけ決めてトライしよう

2010/04/10 : 野山北・六道山公園/BESSA R4M+COLOR-SKOPAR 21mmF4P

ちょっと遅くなったけれど撮影会の報告

惨敗だぁ…
出来上がりを観ての感想…。
電池残量が少なかったらしく露出計の調子が悪かった…。カンで撮ってしまったという
事も少しあるかもしれないけれど、やっぱり苦手意識が全面に出ているというべきか、
モノクロで自然を撮るのは難しいというべきなのか…。
今まで木々、植物(=森?!)を撮ることを避けてきていたのかもしれない。
理由はモノクロで撮るとフラット?(適切な表現が思い当たらななぁ)になってしまい、どうしてもモヤモヤっと単調で面白くない写真ばかりになてしまうからなのではないかな…と…。
今回はそれら未解決のままになっている不安点をふまえ、光と影をcaptureする事にだけ集中する気持ちで楽しみながら撮ってみようと心掛けてはいたつもりだったのだけれど、結局写真にはあまり反映されなかったように感じる…

フィルムのチョイスと現像方法も変えた方がよかったのかな?
できれば被写体に合せてスペックを替えるのではなくて、被写体が何であろうと同じスペックで撮れるようになれないものかと思うのは間違った道なのだろうか?
レンズもしかり…。モノクロで魅力的な木々をどやったら撮れるのだろうか?
こうしていくつか疑問が湧いてきたことが今回の収穫

写真の結果とは相反して、
暖かな陽射しの中、緑を楽しみながら歩くのはとても気持ちがよかった


↓せっかくの桜がびみょ~になってしまった1枚(フォトショで少し修正してある)

024.jpg

Last Sunday

ジャンルー・シーフ写真展を観てきた。

とにかく
カッコヨカッタ

やっぱりプリントを“生”で観るのはいい!
プリントそのものがたまらなく心地いい!なんだろう…この感じは言葉では伝えきれないですよやっぱりね、あのプリント達に囲まれる空間に立ってみないとっ!

言葉で伝えきれないならば差し控えればいいのだけれど、無謀にもチャレンジしてみようと思う(爆)
スジが通ってるというかブレていないと表現するべきなのか?それはテーマがとか、写真技術がとか、プリント技術がとか、スタイルがという話ではなくて、いや、そういう話なのかもしれない…なんだろう?採りたてのレタスみたいにシャキッと瑞々しく、しかも味わい深い。じんわりじゃなくてズキュンとくる。時代を超えて凛とそこに存在しているというのか…。

これじゃさっぱりわからないね…小学生の感想文にも及ばない…やっぱりチャレンジするんじゃなかったかな…

一番印象に残っているのが「ピラの砂漠」。
あのツブツブ感はたまりません。
ここ数日、撮影会で撮った写真をデータ化していて、あんまりにもショボい結果のモノクロ風景写真にうんざりしていたところだったので、“風景写真”が特に気になったのかもしれない。(そうだ、撮影会の記事アップしなきゃ

シーフの広角レンズの使い方、モノクロの世界、惚れ惚れするどうしたらあんな写真が撮れるんだ?!


ところで、
予定では写美主催のハービー・山口さんのCafe Talk“ジャンルー・シーフ”の参加申し込みをして、中目黒で用事(倶楽部の写真提出がギリギリになってしまったので事務局ポストに直接投函)を済ませ、Roonee 247 photographyでハービー・山口写真展を観て、また恵比寿に戻ってジャンルー・シーフ写真展を観てCafe Talkに参加?!と考えていたのだが、ちょっと時間に余裕がない感じ?!がしたので競争率の高そうなカフェトークを諦めることにした
当日、まずRoonee 247 photographyでハービー・山口写真展を観て、お天気がよく気持ちいいのでちょっとだけ四谷界隈をお散歩カメラして、中目黒へ移動。プラプラとお散歩カメラしながら事務局へ向かった。途中、部員さん2名に遭遇(カメラぶらさげてるからすぐわかるね)やはり事務局のポストへ投函してきたところだそうだ(笑)無事任務を果たし、ジャンルー・シーフ写真展を観に写美へお散歩カメラしながら向かった。帰りも渋谷までは歩いちゃうことにした。途中友人のお店に顔を出しちょっとおしゃべりいつもだったらそのまま飲みにいくところだけれど、さすがに歩き疲れてきていたので、アルコールが入ったら終了しちゃいそうだったので早めの退散

あ~よく運動した~
ひさしぶりにスニーカーでガツガツとよく歩いた
 Thank U 4 visiting
カテゴリ
Twitter

Twitter < > Reload

過去ログ
 
プロフィール

りび

Author:りび


モノクロ写真を撮るのが好き。 モノクロ写真を観るのが好き。 カメラとお散歩するのが好き。 シャッターを切る音が好き。 フィルムを巻き上げる感触が好き。プリントの粒子が好き。

相棒カメラ:
Nikon F
BESSA_T
BESSA_R4M
OLYMPUS-PEN EED
bbf(blackbird,fly)
HOLGA 120SF

自宅暗室らしきもの:あり
引伸機:FUJI F670MF

りびとブロとも

ブロとも申請フォーム

モノログ Search
dots
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing items in a set called dots. Make your own badge here.
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
 
モノログをリンクに追加する