201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911

やりたかったこと

IMG_5299_2.jpg


メンテナンス

スポンサーサイト



レンズマウントアダプター

leica_m
GF2+ライカMマウント+COLOR-SKOPAR 21mmF4P
お似合いですこと



どうもピント甘くなる…
たくさん撮って慣れてくることを期待っ!

GF2

GF2

昨年末、とうとうミラーレス一眼を買ったんです。報告遅っ
レンズはボディーキャップレンズのみ新品で購入
ボディーは中古で購入
新製品買うなら簡単だっただろうけれど、予算の都合もあるし型落ちは一長一短でどこのミラーレスにするか迷った
ボディーキャップレンズがつけられるというところにとっても魅力を感じたのと手持ちのレンズを楽しむにはx1.5よりx2だなというところが決め手だった。同じ条件でヒットするカメラが他にもあったのだけれど、総合でGF2が勝利
せっかくのデジイチなんだから…機能を十分に満喫するにはマイクロフォーサーズレンズあったほうがいいんだけど…そのうちね(笑)とりあえずレンズマウントアダプターを買って手持ちのレンズで楽しもう

【まとめ】革貼りに使ったモノたち

IMG_2303.jpg


→ → 奥左から → → → → → → → → 

速乾ボンドG103
革を本体に貼付けるための速乾ボンド
今回購入したけれど使わなかった。


クリーニングエージェント 容量100ml
糊跡などのクリーニングや革を剥いだりするのに使用 
アルコールならあったのだけれど、多少成分に違いがあってカメラに悪影響があったら…と思い購入。左右の革を湿布方式で剥いでも十分な量。3分の1は残っている。
Japan Hobby Toolで購入


ウエス(ボロ布)
アルコールを染みさせて糊のクリーニングや湿布に使用
柔らかめの綿生地がオススメ




→ → 手前左から → → → → → → → →

カッター定規
型紙や革のカットに使用


ノギス
型紙を作る時に細かい部分を測るのに使用


デザインナイフ
型紙や革の曲線部分のカットに使用
いわゆる普通のデザインナイフで十分。
 刃は新しいものに替えるといい!


ピンセット

革を貼る時など細かい作業に使用
会社の借物


注射器

皮を剥ぐ時に革と本体の間にアルコールを注入するのに使用
会社の借物


カワスキ(非売品)
革を剥ぐのに使用
幅が狭く小回りが利いて便利。
 材料:カッターの刃と割箸とビニテ



マイナスドライバー
3本
アクセサリーシューの金具やストラップの為の?!金具を取り外すのに使用


カッター
型紙や革の曲線部分のカットに使用





→ → その他写真に写っていないモノなど → → → → → → → →




カッターマット

カット作業のときあると便利






紙両面テープ
型紙を革に固定するのに使用





インクジェットプリント紙
型紙を作るのに使用
曲線を無理なくカットできるいい厚み0.23mm
革をカットする時も刃を紙に当てて沿わすのに十分な厚み






貼り革



革張り作業

やっと最終工程の革張り

緊張するけど一番楽しみにしていた作業

そういえば今まで1回も触れていなかったけれど、今回は左右のみの革張替えだ。
正面と裏蓋の革はしっかり張りついているのでそっとしておくのが懸命かと…
ってことは、左右と表裏で革のテクスチャーが違うことになる…え?いいんですかっアリなんですかっって疑問もあるのだけれど、とりあえずやってみましょ、ねっ

購入した革で左右型が3セット分取れるので2回ずつは失敗出来る(爆)ので気持ちに余裕~

cut.jpg

作っておいた型紙を紙両面テープで革に動かない様に固定。
余った部分でまずはカットの練習。思っていたよりも革が柔らかく力を入れずにスーッと切れる(喜) 曲線もスムーズにいけそうだ。


慎重にカット本番



本体に当ててみて隙間なくピッタリ切れている事を確認

cutlr.jpg

とうとう張る作業~!
さて、ボンドで張るのか、革に付随してきた強力両面テープで貼るのか…(迷)

IMG_2264.jpg

ボンドの方がしっかり張りつきそうな気がする。でも上手く張れるのか?このボンド、本体面と革面と両方にボンドを塗って乾いたところで合わせ張るというタイプ。
完全一発勝負じゃないか
ちょっとでもズレたりしようものなら、やり直すにはボンドをキレイに剥がすところからだってことだ… 試しに端切でシュミレーションしてみたけれど、どうにもこうにも出来る気がしない 一眼とか、レンジファインダーみたいに長方形の革を端から張っていくだけなら出来そうな気がするけれど、丸くクリ抜いたところを合せようとしている間に他のところにくっついたりズレたりするでしょ

両面テープに決定!

両面テープに型カットした革を貼って余白をカット。

ryan.jpg

本体接着面を再度アルコールで拭いていざっ!

片側を本体に接着しない様に持ってもう片側をピンセットで摘んで形に添って慎重に貼り合わせていった。ちょっとズレてきたらゆっくり剥がしてもう一度貼り直すことが出来てよかった。けっこう両面テープ丈夫みたい。革自体も柔らかいので多少伸びるので微調整出来た。

あっという間に完成っ!

いいんじゃな~い

楽しい作業はあっという間(笑)やっぱり剥ぐのが一番大変だったなぁ~と眺めていたところ若干気になる部分が… 右側のダイヤル?!周りの曲線というか曲面というか多角形というか…もともと本体が微妙な形のところなので革が多少のっかってしまっていたり隙間とのバランスが微妙に悪くて気になってきちゃった

はて…やり直したところで今より上手くいく可能性は50/50…(悩)












少しは進歩しているであろうことに賭けてみることにした


紙型をもう少し神経質にチェックして調整(笑) 隙間の部分は焼付け黒塗装が多少剥げてきているのもおかしく見える要因…。ごまかす為には黒くしたいけれど同じ様な塗装をする事は難しいので、カッティングシート(耐候性)を細くカットして曲面に沿って貼ってその上から革を貼ることにした。

zero1.jpg

かなり苦戦


カッティングシートの上に革が貼りついてしまうと2度と剥がす事が出来なかったので予定の微調整をすべてこなす事が出来なかった 
でも前回に比べれば劇的進歩でしょ~上出来っ上出来っ

done1.jpg
done2.jpg




左右と表裏で革のテクスチャーが違うのも全然気にならない!
ていうか何が?!って言いたい(笑)

カメラ復活ですっ!
はすぐそこ!写真たくさん撮るぞ~



革剥ぎ作業

いよいよ革の張替え作業開始!

完全に革が硬化しているので端の方から革を摘んで1枚モノでぴろ~んと簡単に剥けたりしないことは解っていた。手荒な事はしたくないとはいえ、ココはどうしたってカワスキが必要だ。ただ市販のカワスキは幅が広過ぎて小回りが利かず余計なところまで傷つけそうだ。だったら小回りの利く幅のカワスキ作っちゃうしかないよねってことで作ったのがコレ↓↓↓

kawasuki.jpg


割箸にカッターの刃をビニテで巻いただけ(爆)
一応、角度や持ちやすさが考慮されてるスグレモノ

本体と革の間に刃を入れて隙間を作って注射器でアルコールを注入。
接着剤が少し柔らかくなったところで再度本体と革の間に刃をいれて少しずつ革をめくっていく。めくっていくというよりは引っ掻いて革を粉々にしている感じ。

かなり手ごわい

10mm角程度を剥ぐのに30分は有にかかっている…
これじゃ何日かかるのかわかったもんじゃない

完全に失意喪失

何かもっと楽に早く剥ぐ方法は無いものか…
確実に接着剤はアルコールで柔らかくなっている訳だから…
革も少し柔らかくなっている様な…
いつかは終りがくるからと言い聞かせながら…


20mmx30mm程度に裂いた布にアルコールをひたひたに浸して革の上にしばらくのせておいてみた。柔らかくなっている表面だけ削ってみるとするんっと捲れた。とってもいい感触革を一気に本体から1枚モノで剥ごうとするのではなく、鉛筆削りや木版画を作る要領で革を薄く削っていってみた。

hagu.jpg

早い!早いよっ!湿布方式!

希望の光がっ

削っている間に他の場所に湿布しておいたら次々削れる!一番下の層の本体と接着材の部分はねっちょりしているのでアルコールを足して慎重にゆっくり刃を滑らせればキズも最小限!

どんどん削れていくのが面白くなって手が止まらなくなって結局一晩で両面剥がし終えてしまった


最後に細かいカスをミニカワスキで削ってアルコールで拭いて完成っ

zero3.jpg
zero2.jpg





革剥ぎ作業にかかった時間 = 6.5時間


型紙づくり


でっきるっかな♪

  でっきるっかなっ♪
        さてさてふふぅ~ん♪




けっこう乗り気 and 真剣




next.jpg

まずはマイナスドライバー(2種)でアクセサリーシューの金具x1個とストラップの為の?!金具x2枚を取り外してみた。けっこう簡単に外れちゃうのね 
ビスと金具は無くさないうちに蓋付きの入れ物へ

この状態でカメラ本体をスキャンしてその画像を元にイラレでアウトラインをとって、最終的にノギスで本体を測りながらアウトラインを修正。よしっと思ったところでプリントアウトしてカットして本体に当ててみる。そう簡単にピッチリに収まるもんじゃないみたいカットしたり測ったりしてイラレデータを修正してもう1回プリント。けっこうシビアな世界ほんのちょっとしたカット具合で全体が狂ってきちゃう


さらに修正してもう1回プリントして…


3度目の挑戦でやっと完成

goforit.jpg


いいとこじゃない?
やる気もまだ持続しているし、材料もろもろポチッとしよ~っと

張替え

カメラ触っていたらパリリという音とともに手から何かヒラヒラと落ちた…。



写真の様な状況に↓
damage_yashicaflex.jpg




表面の革の一部が剥がれちゃった…




どうすりゃいいんだ~と焦ってT氏に聞いてみた(爆)
いつかはこうなってしまう事。
貼り革が売っていて自分で張替えができる事。
問題は型紙が作れるかどうかだと言う事。
を教えて頂いた。(T氏、その節はありがとうございました

よく見るとあっちもこっちも端から反ってきてる
やるなら全面張替えたいけれど…なるほど…型紙ね…自信ないなぁ…。部品分解しないと張りきれそうにないところもありそうだしとりあえずこの破片達が粉々になる前にボンドで貼っておくことにするかな…。

で?革の破片をどんなボンドで貼ればいいのか?と気を取り直して革の張替えに関してネットで調べてみた。

材料や道具について下記のサイトを発見!

Japan Hobby Tool

近代インターナショナル

いろんな道具が売ってるのね~(驚)
ボンドはG103が良いらしい




張替えしてみたくなっちゃったなぁ
念のため云っておくけど道具を揃えたいわけじゃないから

ゆでたまごの殻と化した破片を貼りもどすのがYashicaFlexに対して申し訳ない気持ちになってきたのだ。
やっぱりこの手でちゃんとメンテしてあげたいっ


ノギスで測り倒して型紙を起こしていこうと考えると道程遠くて挫折しそうな気がするけれど、スキャンしてイラレでトレスして微調整していけば…出来そうな気がする 若干の不安はあるけれど、最悪の場合張替えてもらえるショップも見つけたし
最初から持って行けば?っていう気もするけど、やってみたいって思っちゃったんだもの(笑)

   
  やるっきゃないじゃん



型紙作ってみて上手くハマりそうだったら材料購入してもいいよってことで始めよう!

書き初め

昨日、男前カメラのHasselblad様をがっつり触らせて頂いてしまった
しかもシャッター切っちゃった

シャッター音好きにはたまらない感じだっていうことを知ってしまった
ホールド感も好かった

正直…Yashica Flexより安定する。画角転がらないっ




大勢の悪魔が囁くし~

マズかったなぁ触らなきゃよかったなぁ(爆)
ちょっと軽くパニクってる

いやいや落ち着こうよ
先立つモノが無いでしょう
貯めるモノ貯めてから話そうね


今年は浮気しないって宣言するつもりだったよね
どちらかといえばレンズを探し始める方向でいこうかと思っていた筈…
イメージとしてはBESSA_4RMに合う…50mmとか80mmくらいでnon-coated lends…そんなのってあるのかな?しかもleicaがいいなぁとか言っちゃったりする?!んだけど…


まずは撮ろうよっ!



二眼レフ用レンズフード@亀市

Evernote 20110607 22:59:05


このYashica Flexにははバヨネット式(36mm)のレンズフードではなくカポッとはめるだけのタイプが適合する。3ヶ所にあるツメをちょっと内側に入れてしっかりはまるようにするだけ。
「簡単に紛失できちゃうので2個は買っておいた方がいい」というお店のアドバイス
なるほどもう現行発売は無いものなのだから、こういう時に買っておいた方が絶対いいだろうと思い36mm口径のものを黒とシルバー各々1個購入
Yashica純正あれば最高だったんだけどなぁ~バヨネット式はYashica純正あったのにね~まぁ仕方ない

シルバーの方がクラッシー


ところで、レンズフードセットしちゃうとレンズカバー使えないのだよ
レンズフィルターをセットしてカバーはしない
にするのか
毎回フード外す
のか


レンズフィルター買うまでは毎回…だな


初期型の3枚玉タイプ?/ Yashica Flex

Yashica Flex には多くの機種があるらしい。
でも本体を見ただけではどのタイプかさっぱり解らない。
で、調べてみたところ、新型C新型Aらしいというところまで絞り込めた。で、いろんなサイトの画像を見比べてみたところ新型Aが有力。決め手はロゴ周りの罫線が楕円ではなく四角っぽいところと上面にロゴマークが入っていないところ。
新型Cの特徴には「3枚玉のヤシコール付」とあるのに対し新型Aには何の情報も無いところを見ると3枚玉ではないのかな。

3枚玉に対して2枚玉?!なのかな?どんな違いがあるんだろうか?
また宿題が出来た

Yashica Flex

009.jpg

そうなんです
Yashica Flexの…何かは解らないけれど無期限貸出してもらっちゃいました~
感謝!!感謝!!

先週末、桜撮影会@小峰公園へさっそく持って行き機材部長G氏にフィルムの入れ方と使い方を教えて頂き撮ってみた。

とても明るいファインダーでピント合せしやすく撮り心地よかった
手の配置が慣れていないのでもたつく場面もあったけれど、それはすぐ慣れるだろう

二眼レフカメラいいわ~
80mmの四角い世界好きかも

今週はずっと机の上にあって毎日眺めているのだけれど
観れば観るほどFALL IN LONE

ゴツッとしたボディにマル2つなところがかわいいじゃないか

ガツッと縦長の四角なところが安定感あっていいじゃないか

あぁ!どうしようわっくわくだよ(笑)

二眼レフカメラ

110412_003.jpg

bbf(blackbird,fly) 、デザインはもちろんのこと軽くて小さいのがイイ
トイカだからぽやぁ~んって感じがちょっとモノ足りなさを感じちゃうのはそのを出し切れない腕だからなんだろうなシャッター切るときに結構反動がすごくてビックリしちゃってブレてる可能性もあるしなぁ(爆)
それにしても、二眼レフで撮るってイイね~
顔下向きで撮るっていうのがちょっと気持ちが落ち着く 
眼鏡掛けているのでファインダー覘くのがらくちん
首からぶら下げて縦長のモノを両手でホールドする感じも新境地で楽しい

四角い写真(6x6)撮るならMamiya6かMamiya7がいいかな~とか最近考えちゃったりしていたけれど(笑)やっぱり二眼レフがイイっ!

と、あまりカメラに興味のない同僚に熱く語っていたら、使えるかわからないけれど二眼レフカメラがたぶん家の何処かにあるので探せたら持ってこようと言ってくれた

     たらら~ん



出番のなかったbbf(blackbird,fly)


110412_002.jpg

「これなら出番が多そうだ」と言って買っておきながら全然出番のなかったbbf(blackbird,fly)(爆)でやっと撮った。35mmで正方形だとスキャンしにくい
スキャンそのままだとうすらぼんやりなのはトイカだから?なのかスキャンのせいなのか?ちょっとフォトショで補正かけたらそこそこなので現像失敗ではなさそうかなあぁ!もしかしてフィルムのフラットニングしてないのも原因だったりする?ところでフィルム丸ごと同じところに傷が1本これは現像した時ではなくてカメラの中で起こっていそうな傷跡だなぁ…ショック…


やっぱり☆

DSCN6188.jpg

買っちゃった~


フォト検も無事合格したし(まだ合格通知表は送られてきてないけど…)心おきなくCX2買えちゃうな~(お財布事情はまるっきり無視)って思った次の瞬間にはヨドバシの袋ぶらさげてた(早っ!)

いや~このカメラいいね~ 一目惚れしただけあるよ
すぐに楽しく、いつまでも楽しめるデザインと機能
すばらしいっ

それにしても、取説分厚いよ
すべての機能を使いこなせるようになるために端から読破しようとしているのだけれど飽きてきた…もう少しなんだけどなぁあと再生メニュー編で終りなんだけどなぁ。やっぱりこれは読んどきたいかなぁ。
よしっ!ちゃっと読んで実践編に移ろっと

意欲↑

御茶ノ水で用事を済ませた後、新宿都庁へ東京観光写真倶楽部写真展「わたしの東京」を観に行った。
いろんな人の“東京”がそこにはあって、同じ場所を感じながらもいろいろな表情が写っていておもしろかった。
撮り方や視点でこんなに七変化するんだなぁと改めて実感!
とても新鮮な気分になった また写真を撮りたくなった

その帰り道、どうしても仕事の電話を待受けなくてはならなくなった電車の途中下車が面倒?!なのでその辺をプラプラして待つことにした。
都合よくヨドバシがっ

そういえば、携帯側面のちっちゃいカメラのシャッターボタン押しにくいんだよなぁ…。最近の携帯は改良されてたりするのかなぁ~?デモ機あるかなぁ~? 観るだけ観るだけ~

なんて考えながらふらふら~っと入っていった。
カメラがメインの携帯はかなりシャッターが切りやすくなっていた。
でも、何処のメーカーも一長一短…しかもお値段高いしね~ デザインあまり好きじゃないし…。iPhoneなら納得いくけど、いろんな事情により乗り換えは断念したし…。じゃ、あまり立寄らないコンデジコーナーでも観てみるかと店内を移動。(「じゃ」ってなんだ「じゃ」って(汗)

「じゃ」の解説
写真を撮ってもらえないかと街で見ず知らずの人(大概老若問わずカップル)によく声をかけられる。先日渡されたコンデジが新し過ぎて焦ってしまった(コンデジだから押すだけでいはずなんだけどね…)
そうだよなぁ、コンデジ買ったの何年前だろう?何年もコンデジ情報はスルーしてきたもんね。そろそろ考えてもいいかなぁ?


で、観ちゃったわけ

RICOH CX2

いぃ~

他のコンデジ観る気も比較する気もまったくなくなるくらいぐっときちゃった

勧められてその気になったら困るので、近寄ってくる店員さんの説明をことごとく断ったのだが、4人目の店員さんには断る隙なく解説始められてしまった

う~、液晶が大きく奇麗に見えるのも、快適なレスポンスも、タッチパネル操作も他のコンデジだってあまり変わらないかもしれないけれど、四角い写真が撮れること、とび無し、つぶれ無し、ハイコントラスト白黒、高速連射機能にぐぐっときちゃった

持ち歩くには量ばるけれど、このデザインなら持ち歩きたい

RICOHならGR DIGITAL IIIでは?と考えるところだけれど、
いまのところデジタルにはとことんお手軽さを求めたいので、
マニュアルモードはあって欲しくないのね~

結局、店員さんと値段の話にまで進んでしまった
今日までのセール価格で、しかもポイント還元も20%だし、SDカードもつけてくれると

写真撮る機会がもっと増えるよ!
Frickrにupできるよ!
(今もやろうと思えば出来ると思いますけどね…)
なんか、やる気出てきた

意欲というよりモノ欲じゃなくて?




相当悩んだけれど、結局衝動買いする勇気が出ずに逃げ帰ってきた


そうだっ
「フォト検合格してたら買ってもいいよ」にしようかとも考えたけれど、そしたら買えないかもしれないんだよねって買う気満々なんだったら買ってくればよかったじゃ~ん

チキンっ!!

なぬぅ~!




「大人の科学」最新号の付録は35mm二眼レフカメラだって
35mmピンホールカメラの次はこれですか~っ! やるなぁ~(驚)

そういえば、
1年位前にbbf(blackbird,fly)一目惚れして購入したよね。しかも、あれってばトイカメラの価格じゃなかったよねぇ 「大人の科学」が¥2,500-って…組立てる手間を考えてもちょっと複雑な心境…。
しかも、「そういえば」なんて言ってるってことは、ね、完全に棚の肥になってるってことですよ いやぁ、なかなか可愛くディスプレイされてると思うよ それに、1回は使ったし…

せっかく思い出した(爆)のだからぶらさげて歩いてみよう
“たる~ん”とした陽射しが撮れたりしないかな?!

発売してるけど、どうなの?

OLYMPUS PENがデジタルで復活!
かなり旧機PEN Fっぽいボディデザインでいい感じね
“OLYMPUS初のマイクロフォーサーズ機”…要はいろんなレンズが楽しめちゃうということね光学ビューファインダーとか角いフラッシュとかアクセサリー充実で遊び心をくすぐるね

でも買わないよ

だって、今のところデジタルに興味ないし…今ではコンパクトとは認めてもらえないコンデジ、しかも300万画素って今時の携帯カメラよりしょぼいのが現役で活躍?!してるし…ブログに写真アップする時に使うくらいだから十分なんです…

なんだか雲行き怪しいけど買わないよ

それに、旧機は庶民的価格で発売されたのに対して10万円前後って…

買えないよ

フォトキナ2008で発表していたオレンジのモックアップ
あのデザインだったら考えちゃったかもえっ!考えちゃうんか
ないないない~

the Last Sunday


土曜日、カメラがやってきた
思っていたよりずいぶん早く届いた
ほんとうなら、金曜日に届いていたのだが、不在により受け取れなかったのだ。

早速開封してファインダーを覗きピント合せ
あれあれ?枠の中心に糸くずゴミが縦に入っちゃっているあちらこちらをブロアーでパフパフしてみたけれど変化無し。どうやら機内のようだ。こんなこともあるんだ~いろんな検問所スルーしてきちゃったわけだから、かなりしぶとい奴しかしながら、さすがにピント合せしずらいのでお店に問い合せてみた
どうやら電話した番号は部署が違うらしかったが、とても丁寧に対応して頂き、取替えてもらえる手筈となった。

着払いで返却するか直接店舗へ持っていくか迷った。
前々から予定していた写真展「光と影」を天候があまり良くないことを理由にヤメようとグウタラな気分でいたことにケリをつけ、道すがら
お店へ寄ることにした。これなら、カメラも早く手に入るし、映像上映会『≒森山大道』も観ることができるし、注文すればよかったと後になって気づいたレンズフィルターも買うことができる。好都合じゃんっ

販売員の方がとても感じのよい方で、親切丁寧に対応してくださった
「イチゲンさんお断り」風だったり、やる気のないお店がちらほらある中で、ここのお店は不慣れでも安心して買物出来る雰囲気がいつもあって好きだなぁ

写真展もよかったやっぱり、“ペーパーバック”よりプリントの方が好きだ。ず~っと観ていたかった部屋に欲しくなるけれど、たぶん1枚に絞れない。大道氏の写真は何枚かまとまって壁に掛かっていて欲しい。
『≒森山大道』も観れてよかった街を撮り歩いている時の集中力というか、被写体から何かしらの電波をキャッチする力というか、もの凄いエネルギーを感じた。また、プライベートな空間や、お酒の入った氏や、暗室作業等も垣間見れた。
ものすごくモノクロ写真的アドレナリンが出た。
あと、アラーキーさんが登場するといつも思うのだが、キャラ素敵過ぎでしょしかもデカいよなぁ~

雨宿りがてらウィンドウショッピングをして(散財なし)心配していた靴ズレも起こさず帰宅。

よい“暖気運転”になった1日だった。

よぉ~しっ!撮るずぉ~~~~~!!

待ち遠しい

R4Mいつ頃届くかなぁ~
在庫はあったものの、分割15回まで利子0%キャンペーンを利用したので手続きに多少時間がかかる。早くて来週始め位になるのかなぁ~

待ち遠しい~

じわじわと

買ってしまった

Voigtlander BESSA R4M+COLOR-SKOPAR 21mmF4P

ポチッた瞬間は何がなんだかわからず放心状態だった(悩みに悩んだからね~)けれど、じんわ~り実感が湧いてきた数日後には手元に届いちゃうんだ~

白状すると、ストラップも一緒に買っちゃった
カメラ1台につき1本は必須だし、すぐにフィルム充填してお散歩カメラGO!できちゃうもんね。そりゃ買いでしょ~

Final Answer?

ブログのカスタマイズをしたりしてモノ欲から離れてみたけれど、頭の中がGR21とBESSA R4Mでいっぱいだ
買わない方向性も含めて?GR21とBESSA R4Mのどちらを買うか検討してみた。長所、短所を表に書き出してみたけれど、さっぱり判断材料にならないGR21とBESSA R4Mでは分野が違い過ぎて比較対象外だ…。
ただ、いろいろな理由をつけながら心の中でGR21に傾いてきていた。
ほぼ決定しかけていたのだが(この時点でまったく買うことを諦める気はなかった)、何かが引っかかっていたので、再度考えてみた。高い描写力にして全自動で気軽にスナップを楽しめるのは魅力ではあるけれど、どうしてもシャッターを切ってフィルムを巻き上げる一連のアナログ的動作を捨てきれなかった。もともと写真を再開したのも、あの一連の
動作
たまらなく好きだったからだ。一気に目が覚めた気がした。

ところで、現在所有のBESSA-Tでダメな理由はなんだろう?ピント合わせとフレーミングを別々にしなければいけないことにロスタイムを感じることが多くなったこと。そこに惚れ込んで買ったのだけれどね。経験積まないとわからないことってあるでしょ
ならばR4Mじゃなくて速写性のあるR4Aにした方がよいのでは?なんだけれど、そこはアナログにこだわっておきたいでしょ、ここまできたんだから

かなりな“言い訳大将”っぷり?!だけど

ファイナルアンサァー!

モノ欲炎上

頭の中がGR21でいっぱいだ

とはいえ、現在GR21は生産中止だし、もともと生産台数も多くないから中古市場にもあまり出回っていないらしいから入手するのは困難でしょう。ヤフオクに出ていることもあるらしいけれど、かなり競り上がるらしいし、性分じゃないし、嬉悲しくもそんな予算ないでしょと高を括って中古カメラのオンラインショップを覗いちゃった(なんでっ)。そしたら存在しちゃったしかも、かなり状態がよさそうで、分割15回まで利子0%キャンペーン中 ポチッりたい衝動を押さえ、(本当に購入するなら?中古なので店頭に行って現物チェックしたいし)まずは落着いて考えることにした。

本当にカメラが必要なんだろうか?もともとは21㎜レンズが欲しかったのである。21㎜レンズを購入すればこのモノ欲は落着くのでは?確か狙っているレンズはGR21の1/3ほどの金額だったのでは?とコシナのHPへ飛んだ。すると目に飛び込んできたのが“フォクトレンダー春の特別セール実施中”の文字。以前気になっていた21㎜対応ファインダーの BESSA R4MがColor Skopar21㎜F4Pとセットでお買い得となっている

気づけば頭の中がGR21とBESSA R4Mでいっぱいだ

どっち買ぉ~

買いなんかいっ

このモノ欲はどうしたら止まるんだ?

モノ欲着火

最近頻繁にGR21所有者のサイトに遭遇する。よいカメラだとみなさん記している。しかも、“こんな写真が撮れたらなぁ”と羨望を感じる作品がUPされている。

21㎜レンズにすごく興味が出てきたところなんだよね~

あれ?欲しいかも…?!

GR21といえば森山大道氏が愛用しているカメラだ

欲しい…?!

写真はカメラではなくて撮り手の感性表現力なんだっていうことはわかっている…でも、このカメラを持ったら素敵な写真が撮れるんじゃないかと錯覚しちゃう訳よ…それに、今持っているカメラたちにはない魅力があったりするんだなぁ。

・軽量、コンパクト
・速攻性
・超広角レンズ


やっぱり 欲しいなぁ~

続・bbf

dscn3497.jpg

買ってしまった。

早めのクリスマスプレゼントということで…。


bbf(blackbird,fly)

かわいいトイカメラが次々出てくる昨今。
キリがないので、もう買わないことに決めていた。


がっ、これはかなり↑欲しい。
35mmでsquareな写真が撮れるっ!
コレを待っていた。
(トイカメじゃなければもっとよかったけれど…現在の中判機に求めるのは邪道か…。)
ブローニーフィルムは割高でどうしてもバシバシ撮れないので、なかなかHOLGAの出番がなかった。

これなら出番は多そうだ。

まずはLoftに現物を見に行こう。
何色にするか迷うなぁ…。


買う気満々?!


カバー

DSCN3331.jpg

どうもレンズキャップの具合がよくない。
簡単にはずれてしまう。
すぐに無くしてしまいそうだ。

しょぼいキャップなので仕方ない…。


キャップの代わりにレンズを保護するべく何かを考えたら、こんなモノが出来上がった。仕上がりとしては非常に手抜きだが、目的は十分に果たせるし、使い勝手よくできたと思う。

革ひもで縁にステッチを試みてはみたが、余計に悲壮感が漂いそうなので諦めた…。

切りっぱなしの革はいかがなものかとも思ったが、革細工ど素人にはこれ以上無理と判断…。


------------------------------------------------
今回使用した材料代 ¥1,720- 
------------------------------------------------
本革ハギレ ¥300-
革紐    ¥380-
ボタン   ¥520-x2



okadayaにて



こだわりのボタンが高かった…。


Penとカメラストラップ

新しいカメラストラップPenにつけてお散歩へ出かけた。

あまりの暑さに、涼しい場所へ避難して読書に変更…。



午後になり、曇り空になってきたので活動再開。

思った通りイタリアンレザーは柔らかく、すぐ手に馴染む感じがした。


Penは観ためコンパクトだが、古いカメラだけあり約430gもある。
幅細のストラップなので、多少心細いかもと心配していたのだが、
まったく気にならずに活動できた。

いいコンビになりそうだ。


カメラストラップ

DSCN3320.jpg

Pen用に注文していたカメラストラップが届いた。

作ろうかとも考えていたが、
素敵なカメラストラップを作って販売しているサイトを発見したので、あっさり自作は断念して、早速注文したのだ。

シンプルなのに存在感のあるこのツートンカラーにぐっときた。
いくつか色の組み合わせがあったので、何色にしようか迷った。

2~3本買って洋服とコーディネイトしたいところだが、
予算の都合でイエローオーカー&ブラウン1本になった。



イタリアンレザーはとても柔らかくすぐ手に馴染みそうだ。

ストラップの長さは1センチ単位で希望の長さにカットしてもらえる。
長めのものを探していたのでMAXの130センチに仕上げてもらった。

肩から斜め掛けしたままでカメラを構える事ができる丁度よい長さだ。


次回の野外部活動が楽しみだ。





ストラップを購入したサイトは↓↓↓

hiroope
http://www.hiroope.com/


Penと野外部活動

いつでも気軽に持ち歩くために購入したものの、BESSA-Tとほぼ同じ重さがあるので、どれほど"気軽"かどうか疑問だった。

1日持ち歩いてみて、重さはあまり気にならなかった。

鞄に入れて移動している間も、
手に持っている間も、
肩から下げている間も、
形がコンパクトで、嵩張らないので目的通り"気軽"に持ち歩けそうだ。


1/15~1/500秒のプログラムシャッターで撮影距離は目測式なので、
自由度は少ないが"おまかせ"的"な分、気軽に撮影を楽しめそうだ。

しかし、倍の枚数を撮れる分、"気楽"な分、無駄にシャッターを切ったり、ベタな写真が増えそうだ…。

限られた環境の中で思い通りの写真が撮れるようにならねばっ。


 Thank U 4 visiting
カテゴリ
Twitter

Twitter < > Reload

過去ログ
 
プロフィール

りび

Author:りび


モノクロ写真を撮るのが好き。 モノクロ写真を観るのが好き。 カメラとお散歩するのが好き。 シャッターを切る音が好き。 フィルムを巻き上げる感触が好き。プリントの粒子が好き。

相棒カメラ:
Nikon F
BESSA_T
BESSA_R4M
OLYMPUS-PEN EED
bbf(blackbird,fly)
HOLGA 120SF

自宅暗室らしきもの:あり
引伸機:FUJI F670MF

りびとブロとも

ブロとも申請フォーム

モノログ Search
dots
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing items in a set called dots. Make your own badge here.
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
 
モノログをリンクに追加する